鈴鹿の夏が始まった。

『鈴鹿サーキット』

三重県鈴鹿市稲生町7992
伊勢鉄道「鈴鹿サーキット稲生駅」から徒歩20分。

全長5821KMの国際レーシングコースを持つ鈴鹿サーキット。
NSXなど世界のスーパーカーに匹敵するスポートカーを作り出したホンダのホームコースです。

国際レーシングコース!
年間に様々なレースが開催されます。
代表的なレースでは1978年に第1回大会が開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースがあります。

夏にはプール!
「冒険・発見・体験」がテーマの「アクア・アドベンチャー」は楽しみがいっぱい!7つのプールそれぞれの遊び方で夏を満喫できます!

年間を通して遊べる遊園地。
一週400mの追い越し可能なコースでレースを体験できるゴーカートや鈴鹿の景色が一望できる大観覧車、スリル満点のジェットコースターなどいろいろあります。

また、「ピピラのピンキードライブ」などちびっ子が楽しめる乗り物もいっぱいあります。

レジャー施設や宿泊施設も充実されています。
最大150名の方が遊べる38レーンのボウリング場。
リゾート風のホテルにはファミリーからビジネスまで幅広く活用いただけるようになっていります。

フラワーガーデンホテルでは宿泊以外にも会議やセミナー、披露宴としてお使いいただける多目的なご利用もできます。

その他のお楽しみ!
「天然温泉クア・ガーデン」の大浴場や露天風呂などでのリラクゼーション。温水プールには気泡浴、圧注浴、打たせ湯など、バラエティに富んだアクティブゾーンも魅力です。

そして、充実装備のオートキャンプ場でアウトドア気分を味わえます。清潔できれいな炊事場や仮設シャワールームも完備され気軽に楽しめます。

クルマのスクールでドライビングを楽しもう。
ホンダ・ドライビング・スクールをはじめ、STECオリジナルスクールでドライビングを楽しもう!

運転のレベルアップをしたい方や自分の運転を見直したい方に楽しみながらドライビングセンスを磨いていただけます。

ふだんクルマに乗ってるけれどもっと余裕の「運転」を身につけたい方のためのコースです。

まずは、このコースであなたのドライビングをチェック!
レッスン終了時には、評価表がもらえるようです!
一度試してみてはいかがですか。


楽しさ満載の「鈴鹿サーキット」、お友達や家族で休日を過ごしてみませんか。

夏休みの旅行は三重県「鈴鹿サーキット」に決まり!!


posted by さーきっっと at 11:15 | Comment(27) | TrackBack(7) | HOM

8耐in鈴鹿

7月26日(木)から始まる、『コカコーラ・ゼロ2007 鈴鹿8時間耐久ロードレース

今回は記念する30回大会ということもあって注目の一戦になります。
また、8耐30回大会を記念して、「歴代8耐マシンデモンラン」があります。

そのデモンランには1987年にヤマハが鈴鹿8耐初優勝を遂げた、あのTECH21カラーの「YZR750」が登場。

そして、そのマシンをライディングするのは、やはり8耐史上のヒーローである「平忠彦」氏です!!

私が8耐に始めて観戦に行った時のことを思い出します。
ゼッケン21番の水色のマシンを華麗に操る平忠彦氏を見たは。

憧れのライダーです。
思わず「平レプリカ」のヘルメットを買ってしまった!

またあの走りが見れるのがたまらなく嬉しい。


今回の8耐は、昨年アクシデントで不完全燃焼に終わった芳賀紀行/コーリン・エドワーズ組という世界で活躍中のライダーも登場するかもしれない。

スズキは、ヨシムラの渡辺篤、酒井大作、さらに青木宣篤、秋吉耕佑、加賀山就臣、カワサキは柳川明、高橋英倫、松戸直樹といったところがライダー候補になるだろう。

今年ホンダが勝てば、11連覇となる。
ヤマハ、スズキ、カワサキが連覇を止めるか?

今年の鈴鹿8耐のファイナルを飾るのはどのチームになるのか?
鈴鹿8時間耐久ロードレース30回大会。









posted by さーきっっと at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

鈴鹿 ポッカ1000kmレース。

鈴鹿2007オートバックスSUPER GTシリーズ第6戦
第36回インターナショナルポッカ1000Km
   IN鈴鹿サーキット


『Pokka1000Kmとは・・。』

Pokka(鈴鹿)1000kmレースは、日本で最も伝統のある耐久レースです。

かつては、鈴鹿サーキットと富士スピードウエイで複数の耐久レースが開催されていましたが、オイルショックの時期を除いて現在まで続けられているのがこの鈴鹿の1000キロレースだけなのです。

1966年から現在まで数えて35回開催されている世界的にも歴史ある耐久レース。

2006年からはスーパーGTシリーズの1戦として開催されるようになりました。

このレースは、日本の近代モータースポーツの歴史と共に歩んできたイベントと言っても過言ではないでしょう。

日本の近代モータースポーツの黎明期にあって、自動車メーカーの直属であるワークスチームがメーカーの威信を懸けてスポーツカー達を耐久レースにエントリーさせていた。

その時期の自動車にとって耐久性を実証することは、その優秀性を示すことであるのです。

レースの現場からのデータをフィードバックすることによって市販車はどんどんと耐久性を向上させていきました。

そして耐久性が向上すれば、より速さが求められ、より高度な自動車技術が要求されてきました。

それがPokka(鈴鹿)1000km耐久レースです。




posted by さーきっっと at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

「アクア・アドベンチャー」プールだ!

夏はやっぱりプールでしょ!

「冒険・発見・体験」がテーマの「アクア・アドベンチャー」は楽しみがいっぱい!
7つのプールそれぞれの遊び方で、夏を楽しもう!

冒険気分で「アドベンチャープール」。
友達とのんびり「リバープール」。
ちびっ子にも安心「アクア・アドベンチャーベイビー」。
など、7つのプールで夏を楽しもう。

アドベンチャープールには4つのゾーンで構成されていて、勇者の滝の向こうにある秘密の洞窟を探検したり、水の流れをたどって沢を上って源泉にたどり着け。

また、友達同士で放水合戦!
的に水が当たると相手のドラム缶は一定の水量でひっくりかえり、相手の頭にざぶーんと水びたしに!

ちびっ子用の流れるプールもちゃんと設備してありますよ。
水深30cmなので安心して遊べるぞ。

大人にはリゾート感覚のプールをご用意してあります。
水深も深いのでカップルで泳ぎも楽しめます。

是非、ご家族・お友達をお誘って、この夏は鈴鹿のプールへ!!



posted by さーきっっと at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | プール

夜までいっぱい遊べるぞ!

夏の鈴鹿サーキットは朝から夜まで存分に遊べるぞ!

夏の鈴鹿サーキットは1日いっぱい遊べる夏限定パスポートで遊園地にプールまで気軽に楽しめるのがお得。

乗りもの乗り放題、プールも楽しめる「サマーパスポート」。
15時からでもたっぷり遊べる「トワイライトパスポート」。

8月10日は(金)は鈴鹿サーキットの人気マスコットの「バット」のお誕生日。

夏の鈴鹿が大好きなバットの誕生日をみんなでお祝いしてね!

ホンダのホームステージとも言えるこの鈴鹿サーキットならではの乗り物がいっぱい。

ピピラの『ピンキーバイク』
ピピラのモトフィールドで初バイク体験!

転倒しないように三輪式のオートバイピンキーバイクもあるぞ。
ドライビングはバイクそのもの。
独自の機構により、ほんの少しバイクのバランスを体験できます。

キッズバイク。
ピンキーバイクのワンランク上を行くのがこのキッズバイク。

専用練習コースでバイクの乗り方から始まります。
子供たちにも扱いやすい専用バイクと柔らかい路面で安心。

きっと初めてバイクに『のれたっ!』という実感と達成感を感じることができるでしょう。
室内型なので、雨の日でも楽しめるぞ。

そして〜、キッズバイキングを卒業したら、『ツーリングバイク』。

緑と潤いを感じる変化に富んだ新ロングコースで魅力大幅アップ!
丸太ゾーンやガタガタゾーン、マウンドゾーン、トンネルなど、うまくクリアできるかな!?

バリエーション豊かなフィールドへ爽快ツーリングの旅に出かけよう!

大人でも楽しめる本コース(ショートカット)によるゴーカート!
8耐やポッカ1000kmレースをやっている本コースを自分が操るゴーカートで疾走するのは気分が最高です!

本コースを使用しているので、抜きつ抜かれつ本番さながらのサーキット体験ができちゃうぞ。

あと、鈴鹿の景色が一望できる大観覧車もあります。



posted by さーきっっと at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(3) | 遊園地

2007年07月24日

鈴鹿の夏が始まった。

『鈴鹿サーキット』

三重県鈴鹿市稲生町7992
伊勢鉄道「鈴鹿サーキット稲生駅」から徒歩20分。

全長5821KMの国際レーシングコースを持つ鈴鹿サーキット。
NSXなど世界のスーパーカーに匹敵するスポートカーを作り出したホンダのホームコースです。

国際レーシングコース!
年間に様々なレースが開催されます。
代表的なレースでは1978年に第1回大会が開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースがあります。

夏にはプール!
「冒険・発見・体験」がテーマの「アクア・アドベンチャー」は楽しみがいっぱい!7つのプールそれぞれの遊び方で夏を満喫できます!

年間を通して遊べる遊園地。
一週400mの追い越し可能なコースでレースを体験できるゴーカートや鈴鹿の景色が一望できる大観覧車、スリル満点のジェットコースターなどいろいろあります。

また、「ピピラのピンキードライブ」などちびっ子が楽しめる乗り物もいっぱいあります。

レジャー施設や宿泊施設も充実されています。
最大150名の方が遊べる38レーンのボウリング場。
リゾート風のホテルにはファミリーからビジネスまで幅広く活用いただけるようになっていります。

フラワーガーデンホテルでは宿泊以外にも会議やセミナー、披露宴としてお使いいただける多目的なご利用もできます。

その他のお楽しみ!
「天然温泉クア・ガーデン」の大浴場や露天風呂などでのリラクゼーション。温水プールには気泡浴、圧注浴、打たせ湯など、バラエティに富んだアクティブゾーンも魅力です。

そして、充実装備のオートキャンプ場でアウトドア気分を味わえます。清潔できれいな炊事場や仮設シャワールームも完備され気軽に楽しめます。

クルマのスクールでドライビングを楽しもう。
ホンダ・ドライビング・スクールをはじめ、STECオリジナルスクールでドライビングを楽しもう!

運転のレベルアップをしたい方や自分の運転を見直したい方に楽しみながらドライビングセンスを磨いていただけます。

ふだんクルマに乗ってるけれどもっと余裕の「運転」を身につけたい方のためのコースです。

まずは、このコースであなたのドライビングをチェック!
レッスン終了時には、評価表がもらえるようです!
一度試してみてはいかがですか。


楽しさ満載の「鈴鹿サーキット」、お友達や家族で休日を過ごしてみませんか。

夏休みの旅行は三重県「鈴鹿サーキット」に決まり!!


posted by さーきっっと at 11:15| Comment(27) | TrackBack(7) | HOM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8耐in鈴鹿

7月26日(木)から始まる、『コカコーラ・ゼロ2007 鈴鹿8時間耐久ロードレース

今回は記念する30回大会ということもあって注目の一戦になります。
また、8耐30回大会を記念して、「歴代8耐マシンデモンラン」があります。

そのデモンランには1987年にヤマハが鈴鹿8耐初優勝を遂げた、あのTECH21カラーの「YZR750」が登場。

そして、そのマシンをライディングするのは、やはり8耐史上のヒーローである「平忠彦」氏です!!

私が8耐に始めて観戦に行った時のことを思い出します。
ゼッケン21番の水色のマシンを華麗に操る平忠彦氏を見たは。

憧れのライダーです。
思わず「平レプリカ」のヘルメットを買ってしまった!

またあの走りが見れるのがたまらなく嬉しい。


今回の8耐は、昨年アクシデントで不完全燃焼に終わった芳賀紀行/コーリン・エドワーズ組という世界で活躍中のライダーも登場するかもしれない。

スズキは、ヨシムラの渡辺篤、酒井大作、さらに青木宣篤、秋吉耕佑、加賀山就臣、カワサキは柳川明、高橋英倫、松戸直樹といったところがライダー候補になるだろう。

今年ホンダが勝てば、11連覇となる。
ヤマハ、スズキ、カワサキが連覇を止めるか?

今年の鈴鹿8耐のファイナルを飾るのはどのチームになるのか?
鈴鹿8時間耐久ロードレース30回大会。









posted by さーきっっと at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

鈴鹿 ポッカ1000kmレース。

鈴鹿2007オートバックスSUPER GTシリーズ第6戦
第36回インターナショナルポッカ1000Km
   IN鈴鹿サーキット


『Pokka1000Kmとは・・。』

Pokka(鈴鹿)1000kmレースは、日本で最も伝統のある耐久レースです。

かつては、鈴鹿サーキットと富士スピードウエイで複数の耐久レースが開催されていましたが、オイルショックの時期を除いて現在まで続けられているのがこの鈴鹿の1000キロレースだけなのです。

1966年から現在まで数えて35回開催されている世界的にも歴史ある耐久レース。

2006年からはスーパーGTシリーズの1戦として開催されるようになりました。

このレースは、日本の近代モータースポーツの歴史と共に歩んできたイベントと言っても過言ではないでしょう。

日本の近代モータースポーツの黎明期にあって、自動車メーカーの直属であるワークスチームがメーカーの威信を懸けてスポーツカー達を耐久レースにエントリーさせていた。

その時期の自動車にとって耐久性を実証することは、その優秀性を示すことであるのです。

レースの現場からのデータをフィードバックすることによって市販車はどんどんと耐久性を向上させていきました。

そして耐久性が向上すれば、より速さが求められ、より高度な自動車技術が要求されてきました。

それがPokka(鈴鹿)1000km耐久レースです。




posted by さーきっっと at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アクア・アドベンチャー」プールだ!

夏はやっぱりプールでしょ!

「冒険・発見・体験」がテーマの「アクア・アドベンチャー」は楽しみがいっぱい!
7つのプールそれぞれの遊び方で、夏を楽しもう!

冒険気分で「アドベンチャープール」。
友達とのんびり「リバープール」。
ちびっ子にも安心「アクア・アドベンチャーベイビー」。
など、7つのプールで夏を楽しもう。

アドベンチャープールには4つのゾーンで構成されていて、勇者の滝の向こうにある秘密の洞窟を探検したり、水の流れをたどって沢を上って源泉にたどり着け。

また、友達同士で放水合戦!
的に水が当たると相手のドラム缶は一定の水量でひっくりかえり、相手の頭にざぶーんと水びたしに!

ちびっ子用の流れるプールもちゃんと設備してありますよ。
水深30cmなので安心して遊べるぞ。

大人にはリゾート感覚のプールをご用意してあります。
水深も深いのでカップルで泳ぎも楽しめます。

是非、ご家族・お友達をお誘って、この夏は鈴鹿のプールへ!!



posted by さーきっっと at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | プール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜までいっぱい遊べるぞ!

夏の鈴鹿サーキットは朝から夜まで存分に遊べるぞ!

夏の鈴鹿サーキットは1日いっぱい遊べる夏限定パスポートで遊園地にプールまで気軽に楽しめるのがお得。

乗りもの乗り放題、プールも楽しめる「サマーパスポート」。
15時からでもたっぷり遊べる「トワイライトパスポート」。

8月10日は(金)は鈴鹿サーキットの人気マスコットの「バット」のお誕生日。

夏の鈴鹿が大好きなバットの誕生日をみんなでお祝いしてね!

ホンダのホームステージとも言えるこの鈴鹿サーキットならではの乗り物がいっぱい。

ピピラの『ピンキーバイク』
ピピラのモトフィールドで初バイク体験!

転倒しないように三輪式のオートバイピンキーバイクもあるぞ。
ドライビングはバイクそのもの。
独自の機構により、ほんの少しバイクのバランスを体験できます。

キッズバイク。
ピンキーバイクのワンランク上を行くのがこのキッズバイク。

専用練習コースでバイクの乗り方から始まります。
子供たちにも扱いやすい専用バイクと柔らかい路面で安心。

きっと初めてバイクに『のれたっ!』という実感と達成感を感じることができるでしょう。
室内型なので、雨の日でも楽しめるぞ。

そして〜、キッズバイキングを卒業したら、『ツーリングバイク』。

緑と潤いを感じる変化に富んだ新ロングコースで魅力大幅アップ!
丸太ゾーンやガタガタゾーン、マウンドゾーン、トンネルなど、うまくクリアできるかな!?

バリエーション豊かなフィールドへ爽快ツーリングの旅に出かけよう!

大人でも楽しめる本コース(ショートカット)によるゴーカート!
8耐やポッカ1000kmレースをやっている本コースを自分が操るゴーカートで疾走するのは気分が最高です!

本コースを使用しているので、抜きつ抜かれつ本番さながらのサーキット体験ができちゃうぞ。

あと、鈴鹿の景色が一望できる大観覧車もあります。



posted by さーきっっと at 00:20| Comment(0) | TrackBack(3) | 遊園地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。